跳转到主内容

IOPS が低いときにワークロードのレイテンシが高くなるのはなぜですか?

Views:
97
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
Perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 7-mode

回答

  • ONTAPはリクエストが到着したときに応答し、リクエストが少ないワークロードは高いように見えますが、完全に問題なく応答します。
  • IOPSが低いワークロード(5 IOPSと32KB/秒)では次のような効果が得られます。
  • 別の言い方をすると、IOPSの低いワークロードは、他の症状(エラー、アプリケーションが応答しない、ネットワークの問題など)がない場合でも問題になりません。
  • 低IOPSは一般に500~600 IOPS未満ですが、レイテンシの平均誤差が原因で、報告されるレイテンシは秒単位または数十秒単位の範囲に達する可能性があります。
  • IOPSが低いボリュームのワークロードを増やすと、レイテンシの増加がレイテンシの原因であるかどうかを判断するのにさらに役立ちます。

追加情報

  • 定義:
    • 平均:平均、またはすべてのインスタンス値の合計をインスタンス数で割った値
    • 中央値(Median):値が最小から最大に順序付けされている場合の中央のインスタンス値。
    • モード:最も頻繁に発生するインスタンス値
  • 数学の統計ブランチでは、平均、中央値、およびモードを使用して計算する必要があります。
 
例1: ある期間に3つのインスタンスで観察されたレイテンシ(たとえば1分間に3つの処理):1ミリ秒、100ミリ秒、1ミリ秒
  • 平均:(1 + 100 + 1)/ 3 = 34 ms
  • 中央値:1ミリ秒
  • モード:1ミリ秒
  • ONTAPでは平均レイテンシが発生することがよくありますが、この場合、中央値とモードはレイテンシが実際には非常に優れていることを示しています。

例2: 20個のインスタンスで観察されたレイテンシ(7ops /秒):1ミリ秒、1ミリ秒、1ミリ秒、100ミリ秒 1ミリ秒、1ミリ秒~1ミリ秒(19 @ 1ミリ秒、1 @ 100ミリ秒)

  • 平均:(19 + 100)/ 20 = 5.95ミリ秒
  • 中央値:1ミリ秒
  • モード:1ミリ秒
  • この場合、平均レイテンシは前の例よりも正確です。データが十分にあるため、数値の信頼性を高めることができます。

クライアント、ネットワーク、またはONTAPの同時実行数の計算に関する問題を特定する方法

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.