跳转到主内容

バーストクレジットは、 Element Quality of Service ( QoS )のコンテキストでどのように機能しますか。

Views:
17
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
element-software<a>QoS</a><a>1000940</a><a>1001240</a>
Specialty:
solidfire
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • NetApp Elementソフトウェア
  • サービス品質(QoS)

回答

概要

Element QoSを使用すると、ボリュームが 配置されているノードの使用可能なリソースに基づいて、一定期間、設定されているmaxIOPSを超えるバーストを実行できます。 

バーストクレジットとバースト時間

バースト時にボリュームが消費できるIOPSとバースト可能な時間は 、次の要因に基づいて決まります。

  • 60秒の時間増分(burstTime)( これは固定で、変更できません)。これらの1つ以上は、ボリュームがバーストする間の離散増分で構成されます。
  • ボリュームに設定されているmaxIOPSとburstIOPSの差
  • ボリュームが時間の経過に伴って蓄積されるクレジット(burstIOPSCredit)

特定のボリュームのburstIOPS、maxIOPS、およびburstTimeの値は、ListActiveVolumes API呼び出しを使用して取得できます。  出力例:

"qos": {
        "burstIOPS": 1500,
        "burstTime": 60,
        "curve": { <snip> },
        "maxIOPS": 1000,
        "minIOPS": 50
         }

 

特定のボリュームの現在のburstIOPSCreditの値は、GetVolumeStats API呼び出しで取得できます。

最大バーストIOPSCreditは、ボリュームのmaxIOPSとburstIOPSの差に60秒のバースト時間を掛けて計算されます。  例:

(burstIOPS - maxIOPS) * burstTime = burstIOPSCredit (Maximum)
(1500 - 1000) * 60 is 500 * 60 = 30000

バーストクレジットの使用

ボリュームはバースト時に、   burstIOPSCreditの使用を開始して、そのボリュームのmaxIOPS(burstIOPSの上限まで)を超えます。  最大値を指定すると、 ボリュームは1秒あたりにburstIOPS -maxIOPSを消費します。  例:

Actual IOPS:  1500  (note this is equal to the volume's burstIOPS)
burstIOPSCredit:  30000
 
Actual IOPS - maxIOPS = 1500 - 1000 = 500 burstIOPSCredit used per second
burstIOPSCredit / burstIOPSCredit per second = 30000 / 500 = 60 seconds

この例では、ボリュームのバースト時間が最大60秒に達すると、burstIOPSCreditがフルに消費されます。
 
それほど極端な例ではありません が、ボリュームはmaxIOPSを超えてバーストIOPSを下回っています。  この場合、ボリュームのバースト時間は60秒を超えます。  例:

Actual IOPS:  1200  (above maxIOPS but below burstIOPS)
burstIOPSCredit:  30000
 
Actual IOPS - maxIOPS = 1200 - 1000 = 200 burstIOPSCredit used per second
burstIOPSCredit / burstIOPSCredit per second = 30000 / 200 = 150 seconds

この例では、ボリュームのバースト時間は150秒です。

バーストクレジットの蓄積

maxIOPS未満で実行されているボリュームには、そのボリュームのmaxIOPSをどれだけ下回るかに相当するバーストクレジットも蓄積されます。  例:

Actual IOPS:  800
 
maxIOPS - Actual IOPS = 1000 - 800 = 200 burstIOPSCredit accrued per second
burstIOPSCredit (Maximum) / burstIOPSCredit accrued per second = 30000 / 200 = 150 seconds to reach the maximum burstIOPSCredit

この場合、ボリュームの最大バーストIOPSCreditが完全に蓄積されるまでに150秒(2.5分)かかります。
 
ここで示した例では、バーストIOPSCreditが最大値であると仮定しています。  これは必ずしもそうではありませんが、すべての数学は同じように機能します。  ボリュームの現在のburstIOPSCreditの量は、GetVolumeStats API呼び出しで確認できます。

例外: ノードにminIOPSに到達できないボリュームがある場合は、すべてのボリュームでburstIOPSがリセットされます。

追加情報

AdditionalInformation_text

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device