跳转到主内容

ESH4 / AT-FCX / IOM3 / IOM6を同じストレージスタックに混在させることはできますか。

Views:
41
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
disk-shelves
Specialty:
hw
Last Updated:

環境

  • AT-FCX
  • IOM3
  • IOM6
  • ESH4

回答

  • AT-FCXシェルフとESH4シェルフの混在
  • DS14mk2-ATシェルフとDS14mk4-FCシェルフを同じループ内に混在させることはできますか。
  • IOM3モジュールとIOM6モジュールを同じストレージスタックに配置できますか。
  • IOMモジュールをAT-FCXと混在させることはできますか。
  • ディスクシェルフを接続するには、どのようなケーブルが必要ですか。 

ATAストレージはAT-FCXモジュールを使用します。ファイバチャネルストレージはESH4モジュールを使用します。SASストレージはIOM3またはIOM6モジュールを使用します。次のグラフは、NetAppストレージシステムでサポートされるストレージのタイプを示しています。

 ストレージ コントローラ  Fibre Channel  ATA  SAS
 FAS2020  はい  はい  いいえ
 FAS2040、FAS2050  はい  はい  はい
 FAS2220  いいえ  いいえ  はい
 FAS2240-2、FAS2240-4  はい  はい  はい
 FAS2500シリーズ  いいえ  いいえ  はい
 FAS3020、FAS3050  はい  はい  いいえ
 FAS3040、FAS3070  はい  はい  はい
 FAS3100シリーズ  はい  はい  はい
 FAS3200シリーズ  はい  はい  はい
 FAS6000シリーズ  はい  はい  はい
 FAS6200シリーズ  はい  はい  はい
 FAS8000シリーズ  はい  はい  はい


 [1] シェルフモジュールがストレージシステムのData ONTAPのバージョンでサポートされていることを確認するには、必ずNetApp Hardware Universeを参照してください。Hardware Universeには、ループあたりのサポートされるシェルフの最大数や、ストレージシステムあたりの最大ストレージスペースなど、シェルフの仕様に関する重要な情報も含まれています。

同じループ内にATA
ディスク・シェルフとファイバ・チャネルを混在させるDS14-Mk2-ATディスク・シェルフとDS14-Mk4-FCディスク・シェルフは、同じループ内に混在させることはできません。そのため、ESH4シェルフモジュールをAT-FCXモジュールと同じループに含めることはできません。

同じストレージスタックでのIOM3とIOM6の混在
IOM3モジュールはDS4243シェルフでサポートされ、IOM6はDS2246、DS4246、およびDS4486シェルフモデルでサポートされます。IOM3モジュールとIOM6モジュールをシェルフモデル間で交換することはできません。  Data ONTAP 8.1より前Data ONTAP のバージョンのシェルフがサポートされていれば、IOM3とIOM6を同じストレージスタックに混在させることができます。 

Data ONTAP 8.1以降では、DS4243、DS2246、DS4246、DS4486の各シェルフを同じスタックに接続できます。

注: 

  • DS4243(IOM3)はDS2246またはDS4246シェルフ(IOM6)と自由に混在させることができますが、以下の点に注意してください。スタック内のすべてのシェルフの処理速度が3Gb/秒に制限されます。  NetAppでは、この制限を回避するためのベストプラクティスとして、速度が異なるシェルフは混在させないことを推奨します。
  • SAS ディスクドライブを搭載したディスクシェルフとSATA ディスクドライブを搭載したディスクシェルフの混在はサポートされていますが、推奨されません。
  • 最大スタックサイズが引き続き適用されます。24ドライブシェルフを搭載したシェルフを10台、DS4486を搭載したシェルフを5台、SSDを搭載したシェルフがある場合は4台です。
     

各タイプのシェルフでサポートされているモジュール
次の表は、各タイプのシェルフで使用できるモジュールを示しています。

 
   ESH4   AT-FCX   IOM3   IOM6 
 DS14mk2-AT      
 DS14mk4-FC X      
 DS4243     X  
 DS4246       X
 DS2246       X
 DS4486       X

注:  NetApp Hardware Universeを使用して 、シェルフモジュールがストレージシステムのData ONTAPのバージョンでサポートされていることを確認します。
 

 

OEM メモ

一部のバージョンのData ONTAPでは、1つのFC-ALループにESH / ESH2 / ESH4モジュールが混在している場合に次のメッセージが記録されることがあります。

[filer: ses.shelf.RAS.suggestion:info]: ses.shelf.RAS.suggestion INFO Channel 0c, Mixing ESH/ESH2/ESH4 I/O modules is fully supported on a FC loop. However, for improved reliability migration to homogeneous ESH4 configurations is recommended.

このメッセージは問題を示すものではなく、無視してかまいません。

ディスクシェルフの接続に必要なパーツ:

ストレージコントローラとシェルフモジュールで使用される物理アダプタは、モデルによって異なります。次の表に、各シェルフモジュールの一般的なコネクタタイプを示します。

 
 モジュール  パーツ番号  速度   コネクタ-タイプ      説明                           写真
 ESH4 X5512A-R5 1 Gb  2 Gb  4 Gb 入力ポート:SFP
出力ポート:SFP

ポートを光ファイバ(LC)にし、ループが4Gbで動作するようにするには、X6539-R6(4Gb)が必要です。  ESH4が混在ループに取り付けられている場合は、X6529-R6(2Gb)を使用してINポートを光ファイバにすることができますが、これによりループが最大2Gbに制限されます。

ESH4
 AT-FCX X5612A-R5 1 Gb  2 Gb 入力ポート:SFP
出力ポート:SFP

最初のシェルフで使用する場合は、INポートを光ファイバ(LC)にするためにX6529-R6が必要です。  X6539-R6 SFP(4 Gb)も使用できますが、SFPは2Gbpsでのみ動作します。

 
 IOM3 X5712A-R6 3 GB 入力ポート:QSFP
出力ポート:QSFP
 
FAS2050の最初のシェルフでX6543A-R6(MiniSAS-QSFP)ケーブルを使用する必要があります。  
 IOM6 X5713A-R6 3 GB 6 GB 入力ポート:QSFP
出力ポート:QSFP
 
FAS2050の最初のシェルフでX6543A-R6(MiniSAS-QSFP)ケーブルを使用する必要があります。  IOM6

 

ストレージコントローラとシェルフを接続するには、次のケーブルが必要です。

 
 接続                                    パーツ番号  速度   説明                           写真

FAS3000 -> AT-FCX
FAS6000 -> AT-FCX

X6524-R6 1 Gb  2 Gb 2M 2xLC -> 2xLC光ケーブルペア  FAS6000 AT-FCX

FAS3000 -> ESH4/AT-FCX
FAS6000 -> ESH4/AT-FCX

X6518A-R6 1 Gb  2 Gb  4 Gb 5m LC->LC光ケーブル  

ESH4 -> ESH4

AT-FCX -> AT-FCX

X6530-R6 1 Gb  2 Gb  4 Gb 0.5m SFP -> SFPケーブル(1、2、および4 Gbで動作)  ESH4
AT-FCX -> AT-FCX X6556-R6 1 Gb  2 Gb  4 Gb 5m SFP -> SFPケーブル(4/2/1 Gbで動作)  
AT-FCX -> AT-FCX X6532-R6 1 Gb  2 Gb 3M SFP -> SFPケーブル(1 Gbおよび2 Gbで動作)  

FAS3020/3050オンボード・アダプタ
FAS6030/6070オンボード・アダプタ
AT-FCXモジュール

X6529-R6 1 Gb   2 Gb

SFP/LCコネクタ付きSFP 2/1 Gb

  FAS3020/3050オンボード・アダプタFAS6030/6070オンボード・アダプタAT-FCXモジュール

FAS2000オンボード・アダプタFAS3040/3070オンボード・アダプタFAS3100シリーズオンボード・アダプタFAS6040/6080オンボード・アダプタ
ESH4モジュール

 

X6539-R6 1 Gb  2 Gb  4 Gb SFP / LCコネクタ付きSFP 4/2/1 Gb
注: このSFPは、FC-ALループ内のすべてのコンポーネントが 4 Gbで動作できる場合にのみ4 Gbで動作します。
clipboard_eec5dd6d514627729438c8310ea91c530.png
ESH4 -> ESH4 X6518A-R6 1 Gb  2 Gb  4 Gb 5mケーブル(ケーブル、光、LC/LC、5M、R6)  
IOM3 -> IOM3
IOM6 -> IOM6
FASxxxx -> IOM3またはIOM6
X6557-R6 3 Gb
6 Gb
 
0.5m SAS銅線ケーブル、QSFP-QSFP
注:このケーブルは、FAS2040またはFAS2050に接続されたストレージスタックで使用されるIOM3に接続すると3Gbで動作します。IOM6またはサポートされている他のすべてのストレージコントローラに接続すると、ケーブルは6Gbで動作します。
clipboard_eeb710ae777fa04fff43a8050ee090ea3.png 
IOM3 -> IOM3
IOM6 -> IOM6
FASxxxx -> IOM3またはIOM6
X6558-R6 3 Gb
6 Gb
 
2M SAS銅線ケーブル、QSFP-QSFP
注:このケーブルは、FAS2040またはFAS2050に接続されたストレージスタックで使用されるIOM3に接続すると3Gbで動作します。IOM6またはサポートされている他のすべてのストレージコントローラに接続した場合、ケーブルは6Gbで動作します。
 
FAS2050 -> IOM3またはIOM6 X6543A-R6 3 Gb 2M SAS銅線ケーブル、MiniSAS-QSFP  FAS2050 IOM3またはIOM

 

 

追加情報

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.