跳转到主内容

NTP を使用して StorageGRID ノード間で時間のずれを修正する方法

Views:
14
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
storagegrid
Specialty:
sgrid
Last Updated:

環境

NetApp StorageGRID

問題

StorageGRID は、分散サービスセットで構成されており、ほとんどが別々のハードウェアで実行されています。この分散型の性質では、基盤となるハードウェアの正確で厳密なタイミングが必要です。サーバのクロックが大きく逸脱すると、 StorageGRID は外部ノードとの通信を切断します。これにより、 NTP サービスがエラー状態になり、ノードが青色で NMS に報告する可能性があります。

NTP サービスが他のすべてのグリッドサービスに依存していることは、 StorageGRID 機能にとってタイミングが非常に重要です。 NTP が正常に起動しない場合、 ServerManager は他のサービスをオンラインにしません。この機能はメンテナンス手順で使用されます。 0 バイトのファイルを作成することで、 StorageGRID ソフトウェアの自動起動を防止できます。 /etc/sv/ntp/DoNotStart.

StorageGRID をインストールする場合のベストプラクティスは、 NTP を階層的に設定することです。制御ノードは、外部のタイムソースとの時刻同期用に設定されます。また、ピアの同期化としても設定されます(つまり、制御ノードは外部ソースと同様に相互に同期化されます)。StorageGRID 内の他のすべてのノードは、制御ノードをタイムソースとして使用します。

十分な数の制御ノードが外部の時間ソースから逸脱すると、グリッド全体が外部の時間ソースからずれ始める可能性があります。

設定されたソースからの劇的な時間の変化は「フライホイール」と呼ばれ、単一のノードまたはグリッド全体に影響を与える可能性があります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.